株式会社 堀川 おいしさはコミュニケーション

商品アレルゲン検索
アレルゲンから商品を検索

かまぼこの産地別特色

原料魚の違いによる産地別特色

かまぼこは各地の近海で捕れる鮮魚を原料としてつくられ発展してきました。明治35年まではすべて手作業で、家内工業的に造られていました。原料魚の解体は包丁を使い、脱水は手絞り、すり身を潰すのは杵や石臼を使い、板付けは包丁、蒸煮は蒸籠を使ってかまぼこを造っていました。その頃は、鮮魚の貯蔵技術や運搬技術が未熟であったので、売れ残りの鮮魚を処理する手段として、比較的保存の効くかまぼこが造られるようになっていったようです。地方の職人が技術を駆使し、魚の特徴を活かしながら改良を重ね、地方色豊かなかまぼこが造られました。

魚名漁場地域主な品目
グチ近海〜以西※小田原、和歌山、豊橋蒲鉾、ちくわ
ハモ近海〜以西※関西蒲鉾、ちくわ、揚蒲鉾
エソ近海〜以西※山口、愛知、北九州蒲鉾、ちくわ、揚蒲鉾
タチウオ近海〜以西※関西ちくわ、揚蒲鉾
トビウオ近海鳥取、島根ちくわ、揚蒲鉾
キチジ近海宮城笹蒲鉾
サメ近海関東、東北はんぺん、焼ちくわ
イワシ近海全国つみれ

※印の漁場は現在、東シナ海?タイ、インド洋からの冷凍すり身を使用している場合が多くなっています。(近海での漁獲量が減少しているため)

PAGE TOP